「私、世界一の野球選手になる!」
始まりは、世界一を目指すといった女の子とキャッチボールした、あの暑い夏。世界一の野球選手になると言った女の子、小夏は他校のマネージャーになり、なれるよといった自分はエースピッチャーとしてマウンドに立っている。
現実はあの頃の夢のように上手くはいかない。それでも野球人生において集大成ともいえる甲子園を目指して、白球を投げ続ける。
投げ続けて、甲子園にでたら、――その先はどうすればいいだろう?
小夏はもう将来は決めているんだろうか。皆も選択しているんだろうか。

集大成の先、不透明であやふやな将来を、真剣に悩み、選ぶ少年の成長を描く、爽やかな青春小説。


※EPUB形式での販売となります。使われるリーダーアプリによっては表示が崩れたりすることがございます。ご了承の上お買い求めください。

※EPUBファイルの読み方
https://sutekibooks.com/epub