行方不明になった蒼桜から届いた宅配便の中身は、「もう一人の蒼桜」だった。
大量の血痕を残し、研究室から姿を消した「天才少女」吉田蒼桜。
失踪から1週間以上経過した頃、蒼桜から山岸陽紀に届いたのは、蒼桜が自分自身の脳をAI化し、移植した「ANME」という名のスマートフォンだった。
蒼桜の記憶と思考回路を持ったANMEとともに、蒼桜からのQRコードを手掛かりに蒼桜を探す。

緻密な構成で全てがひっくり返るどんでん返しのSF恋愛ミステリー。


※EPUB形式での販売となります。使われるリーダーアプリによっては表示が崩れたりすることがございます。ご了承の上お買い求めください。

※EPUBファイルの読み方
https://sutekibooks.com/epub