笹本将輔、35歳。芸人の夢を諦め、地元に戻ってきた。
旧友の結婚式に参加して、鉄板焼き屋の店長として生活して、普通の35歳の人生が始まった。自分で決めて芸人を辞めたからもうやりきった、十分だと思っている。それなのに、ことあるごとに相棒のことが頭に浮かんで、芸人だった頃の思いが離れない。いつかこの燻りも、後悔も慣れるだろう。でも、慣れてしまった自分になることも、怖い。

――なぁ小寺。どうしてこんなことになってしまったんだろう。

夢破れた男は何度も問い直す。

小山藍子、37歳。書店で働いている。
しっかりしていないアルバイトを指導しつつ、深夜まで仕事して朝に寝る。
何か変えるきっかけもないから、この生活を変えずにずっと繰り返している。どれだけ苦しくとも、学生時代に付き合っていた悟のことを思うと頑張れた。昔と変わらず、漫画家になるという夢を目指している彼が頑張っていると思えば、頑張ることが出来た。
変わらないものがある。そう信じていられると思っていた。

現実に打ち砕かれた2人の物語。
でも、それらが人生の全てなんかじゃない。

今、夢を目指す人、そして夢を諦めた人に読んで欲しい、ささやかな希望の物語。


※EPUB形式での販売となります。使われるリーダーアプリによっては表示が崩れたりすることがございます。ご了承の上お買い求めください。

※EPUBファイルの読み方
https://sutekibooks.com/epub